2006年04月28日

目がさめる飴

 今日も昨日に続いて愛知出張。

行きの運転中、あまりにも眠かったので
立ち寄った美合PAでガムでも買おうとしたら、こんなもの発見。

あめ

「睡魔も逃げる危ない辛さ 目がさめる飴」


 なめたとたん、口中に冷気が広がる感じ。強列です。
その後、辛さが襲撃。しかもなかなか溶けません。
本当に強烈です。眠くない人には刺激が強すぎるかもしれません。

 逆に眠い人には間違いなく効く飴です。

袋裏には”より強い刺激がお好みの方は噛み砕いてください”
とかかれていますが、私にはそんな勇気はありません。

posted by 岡麦 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。