2006年06月14日

応援

 私にしては珍しくストレートなタイトルですが・・。
サッカーワールドカップオーストラリア戦の敗戦を受け
日本は決して強豪国では無いと言うことが明確になったと思います。
強豪国であっても、ワールドカップという舞台では
一戦一戦が死闘の場です。

 先日の敗戦を受け、個々感じる想いはそれはたくさんあったと思いますが
この場に及んで、論評批判をしたところで何もならない訳で
とにかく今は、現実を受け止め、その上で、アジア予選を突破した代表を
心底応援する以外に無いでしょう。
 個人技、身体能力、戦術が他国と比べて劣っているとしたならば、
その分ファン、サポーターが応援して後押しするべき。

 万一最終的にな結果が芳しくなくても必ず今後の進化につながる
何かを得てくるはず。
 ちょっと先のことを述べすぎましたが、今は次の試合の勝利に向けて
心から応援しようと心底思いました。そんな次第です。

 

 
posted by 岡麦 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。