2006年06月23日

ブラジル戦を終えて

 開幕前の”クロアチアに分けて勝ち点1のみ”という予想が
現実のものとなりました。

 希望的観測を排除すればだれでもいきつくような極めてベタな予想でしたが
できればこれ以上の成績を残し、世間を、世界をあっと言わせて欲しかったな。

 でも随所に好プレーを観ることが出来ました。選手関係者の皆さん
お疲れ様でした。

 けれども、世界での日本の本当の実力を多くの方々が目の当たりに出来て
4年後の為にはかえってよかったと思います。

 日本は決して強豪国ではなく、一戦一戦が勝てるかどうか。
まだまだ発展途上の挑戦者です。だからこそファンの熱い声援や
応援による後押しが必要なのに。
1次リーグ中にえらそうな批評批判したって何もならないのに。

 正直、次回アジア予選はオーストラリアが加わることもあり
突破はかなり困難だと思いますが、だからこそ応援しようと思います。

 協会も必要なプロセスを考えて実行することでしょう。
あとは、どんな選手が出てくるか、どんな進歩が見られるかが楽しみです。
 
 それから、敗戦直後に時期監督候補論で盛り上がるのには幻滅。
 
 
posted by 岡麦 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。