2005年03月26日

イラン戦を終えて

 研究されていた!
これが試合を終えての感想。

 イランの攻撃は思ったよりスピードが無かった。
(それだけ日本の出足が早く、高い位置からのチェックも効いていた。)
完全に崩されてもいない。なのにこの結果はなぜ。。?
 私には今回のイラン代表が
日本代表の攻撃を研究し尽くした上で守備的を厚くした戦いをしてきた”ように
思えてならない。

 そして計算された相手のしたたかさと決定率の高さにやられた。

  象徴的なのが2失点目。これはイランの思惑通りではなかろうか?
 
 日本が点を取って攻勢に出たところをカウンター気味に左からの攻撃。
三浦が追いつかず中澤が引っ張り出されたところで、懸念されていた
高さへの対応が出来ずにやられた。
 

 おそらく先にも後にもこれしかないというチャンスで確実に決められてしまった。
これをおさえていれば、悪くても引き分けに持ち込めていた気がしてならない。
それだけに、勿体無いという想いが強いし、悔しい


 守備に関しては2点目の失点以外ははしっかりやっていた。
問題は攻撃だ。これは相手守備陣に完全におさえられていた感がある。
加えて日本のFW陣がいいところでスリップしたり、ボールが足につかなかったりで
シュートまで持ち込めない。

 おまけにサイドからクロスが上がらない。
左の三浦はマハダビキアのケアで守備に追われる。これは仕方が無いにしても
チャンスがあった右は相手DFの粘りあるディフェンスでことごとくコーナーもしくは
タッチライン外にはじかれていた。右がこれだけ抑えられる日本代表の試合は久しぶりだ。
この点で”研究されているの”と確信した。

 その後のコーナーキックもファーに高く上がるボールが多い割に、誰もファーにいない。
何だか点がはいる気がしなかった。

 福西のこぼれ球を狙ったゴールは見事だったが、これだけ。
このときは中田と中村のポジションチェンジと、ふわりとした意外性のあるクロスが
功を奏したように感じた。

 
 今日の試合をを次に活かすには。。
次のバーレーンはカウンターが得意でしたたかなチーム。
更にプレーは今回のイランよりもダーティーといわれている。
今節勝利したバーレーンとしては、引き分けでも良いので
次回も守ってカウンターで来るのではなかろうか。

 日本としては勝つしかなくなったのだが、敢えて
前がかりではなく、しっかり守って1点勝負のつもりで勝負するのはどうだろう?
 3-5-2に戻し、ボランチは守備重視で相手のサイド攻撃に対し真中をケアする。
攻撃はスピードあるFWを揃え、コーナーやフリーキックなど
セットプレーに活路を見出しても良いのでは。

 選手は。。左は守備に不安のサントスではなく三浦。
ボランチは。。アジアカップの経験からやはり福西か。

 今回は残念な結果だったが、これを良い反省材料に次のホームのバーレーン戦
での巻き返しを期待したい。

 我々サポーターも選手同様”後が無い”という気持ちで
必死に応援しなければならないと思う。
 こういうときこそ声援を。

 ”ワールドカップ決勝トーナメント出場”とか”アジアチャンピオン”とか
そんな過去は捨て、これからの試合は”W杯出場権に挑む挑戦者
という気持ちで、マスコミ、サポーター一丸となった応援を強く強く望む。

 頑張れ日本代表。

posted by 岡麦 at 01:14| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
職場で前半だけ見ました。

なんだか予想通りでちょっと嬉しく残念です。
コーナーでボール飛びすぎは高地(空気が薄い)のせいでしょうかね?

感想は下の4つです。

・FWの高原がちょっと頂けなかった。滑りすぎ。
スリッピーなグラウンドを用意したイランは、アレを考えてやったなら凄い。
・削られる中村を守る意味もあっての中田先発(不可分散)だったと思うので、特に「中田が出たからダメだ」ってのは無いです。
ただ、削られ要員ならば、もうちょっと足元でボールをキープするプレイが欲しかったです。
・イランの選手がゴール前に来た時の恐怖感(プレッシャー)って凄い。やっぱ各タレントがダイナミックで存在感ありましたね。
・BS1で観たサッカーの方が面白かったです。(笑)

とりあえず怪我人が増えなかっただけでも良かったですが、これからの試合は「あの頃」のようなチャレンジャー精神で日本には頑張ってもらいたいです。
強敵バーレーン戦も似た展開にならないことを祈ります。
Posted by ナカタ編集長 at 2005年03月26日 22:28
 嫌な予感的中です。
特にナカタさんの予想はズバリでしたね(笑)

>・FWの高原がちょっと頂けなかった。滑りすぎ。

 これはほぼ同感です。個人的には高原大好きな
だけに残念でした。

>・BS1で観たサッカーの方が面白かったです。(笑)

 私もBS1で観てました。実況・解説が冷静なのが
いい。特に井原氏の解説は個人的に好き。
ついつい興奮してしまう得点チャンスシーンでも、
彼は騒がず”おっとぉ”だけなのがいい(笑)

 次は負けられなくなった訳ですが、予選的には
面白い展開。あとはもう応援あるのみですね。
Posted by 岡麦 at 2005年03月26日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2602717

この記事へのトラックバック

小笠原選手で脱力・・・
Excerpt: なぜアソコで満男なのか・・・
Weblog: 或る荒川区民のつぶやき
Tracked: 2005-03-26 02:07

対イラン戦 1−2
Excerpt: 対イラン戦のテレビ観戦記です。 試合に負けたという悔しさはもちろんありますが、 この緊張感を味わえる幸せも同時に感じています。 かなり長文なので、続きを読むに書きました。
Weblog: ていたらく日記
Tracked: 2005-03-26 10:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。