2005年05月23日

片山関の四股

 久しぶりに相撲中継を見た。
録画ダイジェストでなく中継を観るのって何年ぶりだろう? 
 
 そこでひきつけられたもの。
それは朝青龍の圧倒的強さではなく、新入幕 片山関の四股。






 調子がいいときはほぼ180度とか。
しかも勢いで一気に上げるのではなく、ゆっくりもっていってここまで上げるからすごい。
他の力士はこの高さにはゆうに及ばないので、客席からは驚嘆と喝采。

 なんかこれ見たら”塩を多量に撒く”とか、”気合を入れる動き”なんか
霞んで見えてしまった。(それはそれで面白いんだけど。)

 成績のほうも勝ち越したそうで。おめでとうございます。
来場所もちょっと注目してみようかな。。
posted by 岡麦 at 12:48| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。両国で観戦してきましたのでTBさせてもらいました。
片山の四股。素晴らしい「滞空時間」でした。今場所まで全く知らなかった力士でしたが、これから是非注目していきたいですね。
Posted by みつこ at 2005年06月01日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ごっつぁんです!
Excerpt: ちゃぶ台遠征@両国国技館です。 待ちに待った大相撲五月場所観戦、今回は初めての升席です。一番後ろの席だけどやっぱり2階から観るのとは違いますね〜。 (小さく写ってるのは横綱朝青龍の土俵..
Weblog: みつこのちゃぶ台
Tracked: 2005-06-01 22:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。