2006年06月23日

ブラジル戦を終えて

 開幕前の”クロアチアに分けて勝ち点1のみ”という予想が
現実のものとなりました。

 希望的観測を排除すればだれでもいきつくような極めてベタな予想でしたが
できればこれ以上の成績を残し、世間を、世界をあっと言わせて欲しかったな。

 でも随所に好プレーを観ることが出来ました。選手関係者の皆さん
お疲れ様でした。

 けれども、世界での日本の本当の実力を多くの方々が目の当たりに出来て
4年後の為にはかえってよかったと思います。

 日本は決して強豪国ではなく、一戦一戦が勝てるかどうか。
まだまだ発展途上の挑戦者です。だからこそファンの熱い声援や
応援による後押しが必要なのに。
1次リーグ中にえらそうな批評批判したって何もならないのに。

 正直、次回アジア予選はオーストラリアが加わることもあり
突破はかなり困難だと思いますが、だからこそ応援しようと思います。

 協会も必要なプロセスを考えて実行することでしょう。
あとは、どんな選手が出てくるか、どんな進歩が見られるかが楽しみです。
 
 それから、敗戦直後に時期監督候補論で盛り上がるのには幻滅。
 
 
posted by 岡麦 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

応援

 私にしては珍しくストレートなタイトルですが・・。
サッカーワールドカップオーストラリア戦の敗戦を受け
日本は決して強豪国では無いと言うことが明確になったと思います。
強豪国であっても、ワールドカップという舞台では
一戦一戦が死闘の場です。

 先日の敗戦を受け、個々感じる想いはそれはたくさんあったと思いますが
この場に及んで、論評批判をしたところで何もならない訳で
とにかく今は、現実を受け止め、その上で、アジア予選を突破した代表を
心底応援する以外に無いでしょう。
 個人技、身体能力、戦術が他国と比べて劣っているとしたならば、
その分ファン、サポーターが応援して後押しするべき。

 万一最終的にな結果が芳しくなくても必ず今後の進化につながる
何かを得てくるはず。
 ちょっと先のことを述べすぎましたが、今は次の試合の勝利に向けて
心から応援しようと心底思いました。そんな次第です。

 

 
posted by 岡麦 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

ご多分にもれず

 ワールドカップネタです。

冷静に見て、今回の日本は相当厳しい。
僕はクロアチアと引き分けるのみの勝ち点1で終えるんじゃないか
なんて予想してます。

 オランダ―オーストラリアの試合を観ましたが・・。
ハードでタフなチームですね。やりにくそう。
高さがあることも怖いけど、それ以上にダーティーさが見え隠れしているところが
なんともいやらしい。

う〜ん。彼らのハードさとダーティーさが審判次第では吉とでるかも
知れないけど・・。

 ただ、日本の予選リーグ3試合の中で、一番面白い試合と
なりそうなので、楽しみです。
 もちろん、僕のネガティブな予想をぜひとも覆していただけるよう
応援します。

posted by 岡麦 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

濱中がすごい。

 少し前のエントリで、ジャイアンツの野球が面白いことを記事にしたけれど
”今一番のっている選手”となるとこの人でしょう。
タイガース、濱中治選手。

 昨日までの成績で53打数22安打。22安打中ホームランは約半分の10本。
打率は4割1分5厘。

 心身ともに充実しているんでしょう。
昨シーズンまでの度重なる肩の怪我で、辛い思いと我慢の日々が続いたと
思います。正に復活。あとはシーズン通して大きな怪我の無い様、
頑張ってほしいです。
 
 あとは・・。対戦投手。
先日の清原にしてもそうですが、
再起と選手生命を賭けて試合に臨んでいる選手に、
半故意の死球を見舞うことだけは避けてもらいたい。
posted by 岡麦 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

女性アナの野球実況について。

有働アナが巨人-阪神戦の実況をしたそうで。
放送は観てはいないけど、このような出来事がクローズアップされるということは、
あまり出来が良くなかったんだろうか?

 何年か前、某女性アナが高校野球のラジオ中継で実況したのを
たまたま聴いていたことがある。そのときは「〜ました。」「〜ました。」
の連続でテンポが良くなかったうえ ”かみまくり” で、
高校球児ではなく彼女に対して”たのむから頑張ってくれ”と
応援したくなるほどだった。

 今回はテレビということで、ラジオの実況とはポイントなんかが
違うんだろうけど、どうも女性の実況は”上品さ””丁寧さ”が裏目に出て
臨場感と迫力に欠ける感がある。
 しかし、だからといって女性では無理と結論付けるのは時期尚早。

 そこで、”女性が野球実況するならどんなタイプが面白そうか?”
考えてみた。
続きを読む
posted by 岡麦 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

Jリーグ中継観戦

 エスパルス-レッズ戦をTV観戦。
本当はエコパまで観に行く予定だったんだけれど
急な事情で足を運べなくなって・・。

 試合は予想通りの白熱した展開。
やっぱりチョ・ジェジンいいなあ。
ポストプレイよし。前線からの守備よし。
そして決定力。
 今日のDFのプレッシャーをうけながらの
胸トラップから華麗な足さばきのシュート。
日本にも彼のようなFWがいたら久保といいコンビ組めるだろうな。

 あと、レッズの長谷部は代表で是非観てみたい。

しかし、スタジアムにいけなかったことが本当に悔やまれる試合だった・・。
posted by 岡麦 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

アニキおめでとう。

 金本選手の連続フルイニング出場記録達成には敬服です。

チームリーダー的立場において、しかも毎年結果を残してこの偉業達成。
並大抵でない努力と厳しい自己管理の賜物でしょうね。

 周りの支えも相当あったものと思われます。
これはスタッフやチームメイトの理解は勿論、他チームの関係者からも
”スポーツマンシップ”的なサポートがあったんではないでしょうか。

 このような大記録が樹立できる日本のプロ野球を誇りに思います。




posted by 岡麦 at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ジャイアンツの試合が面白い

 今年のジャイアンツの試合は観ていて面白い。

足を絡めた攻撃。チャンスでの繋ぐバッティング。
 
 そして何より若手選手の活躍。
特に亀井選手。器用な選手で足もある。
彼のような選手、大好きです。

 原監督の積極的な若手起用と、そのチャンスに
気負わず結果を出す若手選手。
それにひっぱられるように、ベテランも味を出している。
すごく良い相乗効果が得られていると思う。

 これなら視聴率もV字で回復するのでは。
なんていったって、アンチ巨人の自分が
巨人戦の中継に見入っているくらいだから・・。
posted by 岡麦 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

さあ次はコンフェデレーションズカップ・・いやその前に

 いやあ、北朝鮮戦。言うこと無いです。本大会出場おめでとうございます。
代表は休む間もなくコンフェデ杯のためにドイツへと移動です。
さあ我々も切り替えて・・と言いたいところですが、その前に

 今夜(明朝)ワールドユースのオランダ戦!

これも楽しみ。 今回のユース代表も攻撃のタレント豊富。
平山、セイン・カミュカレンロバート、
名古屋の大物本田圭祐・・・。あ、森本も。
もしかしたら、このメンバーからドイツW杯のメンバー入りする選手も
いるかもしれません。


 ワールドユースは準優勝したり、前回は坂田が得点王になったりと
日本は縁起が良いので今回も楽しみです。
posted by 岡麦 at 22:54| Comment(3) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

バーレーン戦勝利

 勝ちました。

 スタッフ、選手一体となってチーム全体で勝ちましたね。
みんな気持ちはいってました。
特に守備陣。

 キリンカップの連敗、小野の怪我・・。
直前に『まさか』の出来事が起こってしまい
おそらくチームで話し合いの時間を持ったんでしょうね。
カバーリングなんかもスムーズでした。
今回は雨降って地固まったような感があります。

 さらには中田英。
最後まで良く動き、相手つぶしてました。
そのうえで、最後のインタビュー。ちょっと心打たれましたね。

 北朝鮮戦、累積警告出場停止選手が多くいますが
このバーレーン戦で精神的に成長した日本代表は
そう簡単にはやられないと思いますよ。
posted by 岡麦 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

バーレーン戦を前に想う

 明日のバーレーン戦での日本代表の奮闘に期待する我々サポーターの前に
小野の怪我というショッキングな情報が飛び込んできました。

 怪我の程度はさておき、これは情報撹乱のためのフェイクではないと思います。
けれども自分としてはこれで益々バーレーン戦が楽しみになってきました。

 こんな苦しい状況を組織全体でどう乗り切るか
これにはやはり監督を中心とした首脳陣の判断力、指揮力が鍵となり
それに従事する者がどう応えるかで結果が変わってくるでしょう。

 大袈裟な言い方をすれば、何か単にサッカーの枠を越えた
人間ドラマを観るような心境です。

 しかしながら、こんな偉そうな講釈めいた文章を書いた私とて、
いちサポーターとして、日本の勝利とW杯本大会出場を切に願う気持ちは
皆さんと変わりません。明日はテレビの前で必死に応援します。
posted by 岡麦 at 13:37| Comment(2) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

LIVERPOOL

ヨーロッパチャンピオンズリーグ、ご存知の通りリバプールが制しました。

 いや〜すごかった。早起きして観ちゃったけど、3点取られて追いつくとは。
リバプールは守備だけのチームでは無いな〜と驚嘆。

 実はこの試合、リバプールを応援してました。
なぜならば、7月21日に静岡スタジアムエコパで行われる
『リバプールvs清水エスパルス』の試合、観に行く予定だからです。
(シャビファンの会社同僚に、半ば強引に誘われた)
 まあ、この試合にリバプールはどんなメンバーで臨むのか
どの程度本気に臨むかは解りませんが、少なくとも清水は
目の色変えて(特にコリアン2トップ)臨むと思うんで、それだけでも楽しみです。

 前出の同僚、眼がまっ赤でした。
とにもかくにもヨーロッパCL制覇おめでとうございます。
posted by 岡麦 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

片山関の四股

 久しぶりに相撲中継を見た。
録画ダイジェストでなく中継を観るのって何年ぶりだろう? 
 
 そこでひきつけられたもの。
それは朝青龍の圧倒的強さではなく、新入幕 片山関の四股。






 調子がいいときはほぼ180度とか。
しかも勢いで一気に上げるのではなく、ゆっくりもっていってここまで上げるからすごい。
他の力士はこの高さにはゆうに及ばないので、客席からは驚嘆と喝采。

 なんかこれ見たら”塩を多量に撒く”とか、”気合を入れる動き”なんか
霞んで見えてしまった。(それはそれで面白いんだけど。)

 成績のほうも勝ち越したそうで。おめでとうございます。
来場所もちょっと注目してみようかな。。
posted by 岡麦 at 12:48| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

立浪選手の記録

 ドラゴンズの立浪選手が通産二塁打数のの日本新記録を樹立しました。
既に2000本安打は達成されていますが、この記録もそれに劣らない
素晴らしい記録だと思います。おめでとうございます。

 特筆すべきは、サンケイスポーツの記事で初めて知ったのですが
年間二塁打王は未だ獲得したことが無いそうです。
地道な積み重ねの賜物ですね。


 草野球や草ソフトボールのレベルでは、外野手があまり上手でなければ
頻繁に2塁打出るんですが、プロ野球のレベルであれば外野を破る打球を放たなければ
先ず難しいですね。
 まして、昔のような打撃優先のような外野手は最近見あたらないですし。

 実は、ファンにとっては2塁打は他の安打に比べ
ネガティブなイメージがあるようです。

 例えば”エンタイトル2ベース”。フェンスにあたってスタンドイン。
ホームランを一本損したという感覚なのはいうまでもありません。

 或いは、野手の隙を突く走力でもぎ取るプレー。
これは打者の好判断なんですが、どちらかと言えば打者を誉めるより
野手の緩慢と見られてしまうようです。草野球なんかでは
下手をすれば”せこい”とか”暴走”とか逆に責められてしまう場合もあります。

 僕はこの暴走プレーが得意(これしかないという話もある)なので
2塁打放った時なんか最高に気持ちいいんですが・・。
 それゆえに、この立浪選手のニュースは嬉しかったですね。
posted by 岡麦 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

楽天!

 三木谷オーナー。いろいろ動いているようですが
皆さんのご意見通り、僕も動くには時期尚早なんではないかと・・・。

 まあ、上のことは置いておいて
ここは現場の意地と奮起に期待。
 確かにこの時期オーナーが動くのはどうかと思うけれど
選手の凡ミス凡プレーが多いのも事実。

 このままでは
”キャンプに足を運ばず、メンバー表だけで戦力分析した某評論家”の
予想通りになってしまう。これはすごく悔しい。
その”彼”のおかげで僕は今シーズン楽天を応援しているので
選手、首脳陣には是非意地を見せて欲しい。


 今日は意地が垣間見えて、結果松阪攻略して勝ちました。
決して100敗するような戦力ではないと思うんです。

 負けるにしても、淡白にならずに最後までくらいついて欲しい。
ベテラン選手が高校球児のような懸命なプレーをすれば
負けてもファンはついてくると思いますよ。

 
posted by 岡麦 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

フルスタに行きたい。

 東北楽天ゴールデンイーグルス。

 先週の0-26での敗戦時では某所掲示板で
”何やってんのじゃ”くらいの勢いで批判的な記事を書きましたが
ホーム”フルキャストスタジアム”に戻って西武に連勝。
今日も敗れはしましたが見せ場も多い接戦でした!

 ホームスタジアムに戻ってきたっていう事もあるんでしょうが
なんか選手までのビジターの試合とはまるで別のチームのようです。
チャンスで打線がつながります。
 やればできるじゃないですか、駒田コーチ!

 ホーム”フルスタ”での3試合をおえたところで
なんか無性に行ってみたくなりました。

 鳴り物無しの応援というのはやっぱり気になりますね。
千葉マリンの外野席の白+声援も圧巻ですが
こちらも鳴り物がない分、チャンスや良いプレーでの
声援に一体感というか、迫力を感じます。相手にしてみれば
どっと押し寄せてくるような威圧感を感じるそうですね。

 あと自分としては、勝利後の田尾監督のインタビューにも注目です。
渋い声とエスプリの利いたジョーク。時々天然ボケが入るのでたまりません。
好きです田尾監督。
posted by 岡麦 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

勝った。

 いやあ。良かった。
とにかく欲しかった勝ち点3を奪取。
オウンゴールだろうとPKだろうと
内容は二の次、勝ちは勝ち。

 埼玉のサポーター盛り上がっていたな。
会社の後輩が観に行ったんだけど
今日中にちゃんと帰って来れるかな?
posted by 岡麦 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

イラン戦を終えて

 研究されていた!
これが試合を終えての感想。

 イランの攻撃は思ったよりスピードが無かった。
(それだけ日本の出足が早く、高い位置からのチェックも効いていた。)
完全に崩されてもいない。なのにこの結果はなぜ。。?
 私には今回のイラン代表が
日本代表の攻撃を研究し尽くした上で守備的を厚くした戦いをしてきた”ように
思えてならない。

 そして計算された相手のしたたかさと決定率の高さにやられた。

 続きを読む
posted by 岡麦 at 01:14| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

準備万端

 いよいよ始まる!イラン戦。


こちらもご覧のとおりの臨戦体制で臨みます。

BB

 好きな酒と好きな肴とともに、サッカーの大一番観戦。
し、幸せ!

 試合終了後も幸せな気分が続いていたらいいな。。
posted by 岡麦 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

イラン代表を知る

 イラン戦が近づいてきた。
非常に楽しみ!
イラン代表強くて巧そうだから

 勿論私も日本代表を応援するが、
”相手を知れば、一層試合観戦が楽しめる”という持論に加え、
”イラン代表がいかに手強い相手か”知ってもらう為にも
イラン代表中心選手を紹介。


 
続きを読む
posted by 岡麦 at 18:59| Comment(4) | TrackBack(7) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。